Image Transform File ITF Protector 保護+高圧縮の新基準 ITF Protector twofive
HOME
製品情報
  • ITF Protector+ 製品情報
  • ご利用シーン
  • ライセンスについて
サポート
  • My ITF
  • オンラインヘルプ
  • FAQ
お問い合わせ
  • ご注文フォーム
  • お問い合わせフォーム
  • テクニカルサポート
  • 会社情報
  • Privacy Policy
まずはお試しください!ITF Protector+ 15日間無料体験版受付
まずはお試しください!ITF Viewer+ 15日間無料体験版受付
ITFファイル専用ビューアー ITF Viewer 無料ダウンロード
SSL グローバルサインのサイトシール

当サイトでのお客様の個人情報は、グローバルサインのSSLにより保護しております。

ITF Protector+

機密情報や知的財産を守る強固なセキュリティ

ITFファイルとは

ITF形式とは、知的財産権を守るために開発された、
高セキュリティなドキュメントファイルです。
ITF ファイルの作成者が用途や目的に合わせて、
思いのままに「閲覧」、「印刷」、「コピー」を
操れます。

  • 記載された文字や図形、画像は圧縮・暗号化され、
    他アプリケーションへのデジタル転用を防ぎます。
  • ITF Viewer+ (ITF Protector+ に付属)、
    または ITF Viewer (無料ダウンロード) でしか
    利用できないため、作成者の指定した利用条件を
    確実に守らせることができます。
  • 独自の圧縮技術により、
    大量のドキュメントの省スペース化が図れます。

閲覧イメージ (ITF Viewer for Windows)
▲閲覧イメージ (ITF Viewer for Windows)


作成者によって設定されたセキュリティ制限を超えての利用を完全に阻止することができます。
たとえ閲覧者が違反となる利用を行っても、自動または遠隔で消滅させることができるので、
ITFファイルをご利用いただければ、「情報漏洩」「不正使用」を心配する必要はなくなります。


(1)印刷制限
文字通り、書類の印刷ができないため、
紙書類での複製や漏洩を防ぎます。
(2)画面コピー制限

パソコンの表示画面をコピーして、
他の書類へ貼り付けることができないので、
情報の転用や複製、漏洩を防ぎます。

(3)パスワード制限

認証エラーの許可回数を設定すれば、
設定回数を超えたITFファイルを消滅させることができます。

(4)閲覧回数制限

閲覧回数を制限すれば、設定回数を超えたITFファイルを
消滅させることができます。

※但し、メールソフトや圧縮ソフト等、
ITFファイルをエンコードし独自の形式に
組み込まれたファイルの場合は、
NETセキュリティの併用をお奨めします。

(5)閲覧期日制限

有効期限を設定すれば、期限を過ぎたITFファイルを
消滅させることができるので、
万が一の流出や漏洩を最小限に防ぐことができます。

※有効期間が設定されたITFファイルを開く際には、
インターネットより時間を取得するので、
接続されていない環境では開きません。


▼セキュリティ設定画面 (画像をクリックで拡大)
画像をクリックで拡大

メディアロック機能

全てのメディアから、他のメディアへのコピーが不可能に!

メディアロック機能を使用すれば
保存先メディア以外での閲覧は不可能!

保存先メディアにITFファイルをロックすれば、
保存者が指定したメディアと作成したITFファイルが
完全に関連付けされ、
他のメディアにコピーしても閲覧できない
唯一無二のITFファイルを作成することができます。

さらに、NETセキュリティと併用することで、
完全な情報保護と遠隔管理が可能となり、
社外への安全なデータ持ち出しや、
特定のPCでしか利用できない
機密情報の保護や漏洩・盗用対策、
さらには、メディアでのコンテンツ販売(電子書籍)など
様々なシーンでのご利用が可能になります。

▼メディアロック機能設定画面
(画像をクリックで拡大)
画像をクリックで拡大


メディアロック機能の詳細を見る
NETセキュリティ機能

NETセキュリティ機能

NET Security 機能を使用するだけで
手離したITFファイルも、あとからコントロール!

外部からの侵入やアクセスに対して、
強固なセキュリティを導入している環境でも、
メール添付や各種メディアによる
受け渡しや配布を行う場合には無防備となります。

もちろんITFファイル化するだけでも
このような状況に有効ではありますが、
NET Security機能を合わせれば
さらに安全で安心なセキュリティを発揮します。

手元を離れたITFファイルでさえも、
遠隔操作で完全に監視・制御することができます。
専用WEBページにログオンした後、
ITFファイルの使用状況を監視しながら、
遠隔操作であらゆるセキュリティ制限の変更や
拡散したファイルすべての閲覧・消滅を制御できます。

▼NETセキュリティ設定画面
(画像をクリックで拡大)
画像をクリックで拡大

NET Security機能の詳細を見る
ITF Viewer+ との連携機能

ITF Net Security + ITF Viewer+

さらなるオプション機能の追加と専用ビューアで
より強力な遠隔追跡と閲覧制御を実現!

無償ダウンロードのITF Viewerではなく、
よりITFファイルの閲覧に特化した
「ITF Viewer+」(有償)を導入することで、
閲覧者制限付きのITFファイルも閲覧することができます。

ITFファイルの作成管理者は、
特定のIPアドレス(ホスト)やITF Viewer+(閲覧者)だけが
閲覧可能なITFファイルを作成できます。

詳細なログ取得を指定されたITFファイルについては、
「いつ、どこで、誰が、何を」といった、
細やかな追跡を行うことができます。
メールでのアラート通知も搭載しており、
リアルタイムに目的のITFファイルの状態を
知ることも可能になります。

▼詳細なログ閲覧画面
(画像をクリックで拡大)
画像をクリックで拡大


ITF Net Security + ITF Viewer+の詳細を見る
主な機能の比較一覧 主な機能の比較一覧
動作環境と販売価格
ITF Protector+
■ 動作環境
Windows ●対応OS Windows 10 (32bit/64bit),
Windows 8.1(32bit/64bit), Windows 8(32bit/64bit),
Windows 7(32bit/64bit)
●メモリ 512MB以上推奨
●空ディスク容量 5MB以上推奨 (※作業容量は別途必要)
■ 販売価格
製品名 年間ご利用料
10 ライセンスパック ¥48,000
30 ライセンスパック ¥132,000
50 ライセンスパック ¥180,000
100 ライセンスパック ¥240,000

※ITF Protector+ には、各ライセンスパックの倍数分、ITF Viewer+ がセットで付属しています。
同梱のセット数では不足な場合は、下記の価格にて追加でご購入いただけます。

ITF Viewer+
■ 動作環境
Windows ●対応OS Windows 10 (32bit/64bit),
Windows 8.1(32bit/64bit), Windows 8(32bit/64bit),
Windows 7(32bit/64bit)
●メモリ 512MB以上推奨
●空ディスク容量 5MB以上推奨 (※作業容量は別途必要)
■ 販売価格
製品名 販売価格
10 ライセンスパック ¥6,000
30 ライセンスパック ¥16,000
50 ライセンスパック ¥22,000
100 ライセンスパック ¥30,000

※ITF Viewer+ は、無期限のライセンス制製品です。ご購入後のライセンス更新は不要です。

高圧縮でも鮮鋭性を保持

作成時の設定によっては、品質を保持したまま、同レベルのPDFファイルの約1/10以下にファイルサイズを
圧縮することも可能で、鮮鋭性と高圧縮を両立しているので、
紙書類のデジタル化をサーバ設備や保存メディアコストの軽減を図れます。
また、通信コストの軽減にも貢献します。

無圧縮16,193KB
圧縮1,925KB

作成者の環境
(PostScriptプリンタ)で
印刷
クリエーターや
エンジニアは、
ベクターファイルの
再現性の高い
PostScriptプリンタの
導入率が高い。
1,451KB
クライアントの環境
(一般プリンタ)で印刷
一般企業では、
PostScriptプリンタの
導入率が低く
(全販売台数の約2~3%)、
PDFでは線太りします。
446KB
(PDFの約30%)

クライアントの環境
(一般プリンタ)で印刷
印刷環境に依存せず、
出力結果を
コントロールでき、
極細線も品質を保っています。
149KB
(PDFの約1/10)

クライアントの環境
(一般プリンタ)で印刷
ファイルサイズは、
PDFの1/10ながら、
PDFよりも
線太りを起こしていません。

 

Get ADOBE READER
上記PDFファイルが見られない場合は、
ADOBE READERを
ダウンロードしてください。

ITF Viewer GET
上記ITFファイルが見られない場合は、
ITF Viewerを
ダウンロードしてください。


一般的なアプリケーションからのITFファイル作成手順   直接、エクセルファイルからのITFファイル作成手順

1. ITFファイルに変換する元ファイル
  (エクセルファイル)を開きます。

 

1. ITFファイルに変換する元ファイル
  (エクセルファイル)を右クリックして
  [ITFファイルに変換]を選択します。

 

2. プリンタ出力と同様に
  印刷を選択します。

 

2. [一般]タブが開きますので、
  保存フォルダやファイル名を設定します。

 

3. プリンタリストから、ITF Protectorを選択し
  [OK]をクリックします。

 

3. [イメージ変換]タブを開き、
  圧縮率やカラーモードを設定します。

 

4. [一般]タブが開きますので、
  保存フォルダやファイル名を設定します。

 

4. [セキュリティ]タブを開き、
  各種セキュリティを設定します。

 

5. [イメージ変換]タブを開き、
  圧縮率やカラーモードを設定します。

 

改ざん不可能な高セキュリティな
ITFファイルの完成!

簡単操作で作成されたITFファイルを
ITF Viewerで開いています。
セキュリティを全く設定しなかったとしても、
ITFファイルは、改ざんが不可能なので安心です。

 

6. [セキュリティ]タブを開き、
  各種セキュリティを設定します。

 
 

改ざん不可能な高セキュリティな
ITFファイルの完成!

簡単操作で作成されたITFファイルを
ITF Viewerで開いています。
セキュリティを全く設定しなかったとしても、
ITFファイルは、改ざんが不可能なので安心です。

 

作成アプリケーションに依存しない閲覧・印刷を実現

販売・見積・財務などの帳票から画像や図面まで、
印刷機能を持つ全てのソフトウェアから
ITFファイル出力し、
作成されたソフトウェアがなくても
閲覧・印刷が可能になります。