Image Transform File ITF Protector 保護+高圧縮の新基準 ITF Protector twofive
HOME
製品情報
  • ITF Protector+ 製品情報
  • ご利用シーン
  • ライセンスについて
サポート
  • My ITF
  • オンラインヘルプ
  • FAQ
お問い合わせ
  • ご注文フォーム
  • お問い合わせフォーム
  • テクニカルサポート
  • 会社情報
  • Privacy Policy
まずはお試しください!ITF Protector+ 15日間無料体験版受付
まずはお試しください!ITF Viewer+ 15日間無料体験版受付
ITFファイル専用ビューアー ITF Viewer 無料ダウンロード
SSL グローバルサインのサイトシール

当サイトでのお客様の個人情報は、グローバルサインのSSLにより保護しております。

よくあるご質問


  • ITF Protectorは、セットアップされるパソコン1台につき1ライセンスが必要となっています。
    1ライセンスでパソコン(OS)内の全ユーザー(アカウント)でのご利用が可能です。
    ライセンスの認証はインターネットを介して行われますので、ご利用にはインターネットに接続できる環境が必須となります。



  • インターネットからのダウンロードによってのみ、ご提供させていただいております。
    また、メーカーからの直接販売はいたしておりませんので、取り扱い販売店リストに掲載の販売店に直接お問い合わせくださいませ。



  • 「お客様の声」のページに、ご購入いただきました企業からのお声を紹介させていただいております。
    デザイン・イラストレーション制作会社、広告代理店、行政書士事務所、造船関連商社、食品メーカーなど多種多様な、企業・業種にてご利用いただいております。
    ご活用いただける業種やシーンは企業により異なります。
    お客様に最適なご活用シーンをコンサルティングさせていただきますので、まずはこちらからお問い合わせくださいませ。



  • 原本となるファイルの形式やITF出力時の各種設定によりますが、初期設定ではPDFと比較して平均10分の1程度の圧縮が可能です。
    圧縮率の例については、ITF Protectorの製品情報ページにてご確認いただけます。
    また、自社所有のドキュメントで実際にお試しになりたい場合は、15日無料体験版を用意しておりますので、こちらからダウンロードしてください。
    思っていたほどのパフォーマンスがでない場合は、元ファイルやご利用シーンに合わせた出力設定のアドバイスなど承りますので、こちらからお問い合わせください。



  • プリント機能をもったソフトウェアであれば、ITF Protectorを利用することができます。
    ※WORD・EXCEL・AI・PDF・CAD・IMAGEなどあらゆるファイルがITFファイルを作成できます。
    基本的には、紙ベースで印刷するときと同じ手順で、プリンタの選択時に「ITF Protector」を選んでいただくだけです。



  • はがきサイズ(100 x 148 mm)から設計図によく用いられるA3サイズ(297 x 420 mm)まで、 また B0用紙サイズ(1030 x 1456 mm)まで利用することが可能です。
    また、ユーザー定義の用紙もご利用可能です。事前にOSに登録しておいてください。
    ただし、高解像度で大きな用紙サイズを利用する際は、パソコンのメモリを多く必要としますので、必要に応じてハードウェアの調整もご考慮ください。



  • ITFファイルは、ITF ViewerまたはITF Finderという専用ソフト以外で閲覧することはできません。
    ITF Viewerは、オフィシャルサイトから誰でも無料でダウンロードして利用することができるフリーソフトウェアです。
    ITF Finderは、ITF ViewerにITFファイル管理機能やサムネイル表示機能などが付加された高機能タイプのシェアウェアです。
    ご利用シーンやコストに合わせて、お好きなものをお選びください。



  • ITF Protectorでは、印刷制限、画面コピー制限、パスワード制限などにくわえ、閲覧回数制限 ならびに閲覧期日制限を設けています。
    これらを利用することで、ファイル作成者が指定した回数や期限を越えて、ファイルを閲覧することができなくなります。
    さらには、この設定を無視してファイルを閲覧しようとした場合、パソコンから同ファイルを永久的に消去することもできます。
    こうすることで、ファイル作成者が、ファイル利用者の使用範囲をコントロールでき、自身の知的財産を確実に守ることができます。